政治・行政)町長選、新人一騎打ち様相  天城町ダブル選、告示まで1カ月

 任期満了に伴う天城町の町長選と町議会議員選挙は告示まで1カ月に迫った。町長選はこれまでに、元町議の柏木辰二氏(54)と元副町長の森田弘光氏(67)=五十音順=が立候補を表明しており、新人同士の一騎打ちが予想される。11月27日に告示、12月2日投開票が行われる。

 

 柏木氏は9月2日、町内で会見を開き、出馬を表明。「地方自治体の主体性と自立が求められる地方創生の時代に入った。自ら進んで改革して歴史の一ページを開き、先例を作っていく気構えが大事と決意した」などと述べた。

 

 森田氏は同月21日、町内で開いた会見で立候補を表明。「先頭に立って町民と力を合わせ、町民が望んでいる穏やかで安全安心な町、人々が生き生きと働き行き交う町の実現を目指すべく、立候補を決意した」と意欲を示した。

 

 両氏とも後援会事務所を既に設置し、体制固めを進めている。告示に向けて、ミニ集会などを開いて支持の拡大を図る。

 

 町議選は定数14に対して、現職11人、新人5人、元職1人の計17人の立候補が取り沙汰されており、激戦が予想される。

 

 立候補予定者説明会は11月7日午前10時から町役場3階会議室である。立候補の届け出は同月27日午前8時半から午後5時まで同会議室で受け付ける。投票は12月2日午前7時から午後6時まで町内10カ所であり、町防災センターで即日開票される。

 

 同町の選挙人名簿登録者数(9月1日現在)は5027人(男2552人、女2475人)。