新庁舎完成は19年11月 与論町

【新庁舎外観イメージ図】

【新庁舎外観イメージ図】

 与論町の新庁舎建設事業説明会が10日夜、町地域福祉センターであり、新庁舎のデザインや基本方針などの基本設計案が示された。町側は、設計・施工費については基本計画段階から約2千万円増額予定。新庁舎完成は約3カ月前倒して2019年11月末を見込む。

 

 1967年に建てた旧庁舎の老朽化に伴う建て替え。事業手法は設計施工の一括発注で、公募(プロポーザル方式)による選定事業者は竹山建設グループ。工事費(設計と施工)は9億1700万円で、町担当者は「庁舎本体の長寿命化や維持管理費の低減効果、機能性、倉庫と車庫の整備費などを考慮し、約2千万円を増額して整備を進めたい」と説明した。

 

 建設予定地は旧町立診療所などがある町有地(茶花)。建物は鉄筋コンクリート2階建てで、延べ床面積は1996平方㍍。

 

 基本方針は①町民が利用しやすい②効率的な行政運営を可能とする③防災拠点となる―庁舎。具体的には▽町民の利用頻度が高い課を1階の入り口近くに配置▽多機能トイレや点字ブロックなど庁内のバリアフリー化▽約3日間電源を確保できる非常用発電機の設置など。

 

 この日の説明会には住民34人が参加。「窓口のワンストップ化を」「若者らが集えるよう公衆無線LAN(Wi―Fi)を整備してほしい」といった意見や要望があった。

 

 8月に旧町立診療所などの建物を撤去し、11月の臨時議会で庁舎建設関連の議案を提出する。可決されれば同月に建設工事が始まる。新庁舎での業務開始は20年1月を予定している。

新庁舎のデザインや基本方針など基本設計案が示された庁舎建設説明会=10日、与論町

新庁舎のデザインや基本方針など基本設計案が示された庁舎建設説明会=10日、与論町