新規にブルー・ツーリズム促進/地域振興推進事業1次決定

 県大島支庁総務企画課は6日、2015年度地域振興推進事業の1次決定事業を発表した。ソフト事業6件、ハード事業8件の計14件で、県費総額は5300万円。漁業体験の商品化や直売所との連携、広報で包括的な知名度向上を図るソフト事業の「奄美群島包括ブルー・ツーリズム促進事業」(群島全域、県費230万円)など6件を新規に採択。継続事業では「奄美群島自然遺産登録サポート事業」(同)など8件が採択された。