方言は文化の発露、保存継承を 奄美市で危機言語サミット開幕

サミットで言語・方言を紹介する各地区の語り手=22日、奄美市名瀬

サミットで言語・方言を紹介する各地区の語り手=22日、奄美市名瀬

 2019年度危機的な状況にある言語・方言サミット(文化庁、鹿児島県、奄美市など共催)が22日、奄美市で開幕した。島内外から約600人が来場。講演やパネルディスカッション、日本各地の方言の聞き比べなどを通して言語・方言の価値や継承について考えた。各言語の民謡やコントなどの実演もあり、来場者は文化の多様性を支える言語の役割を体感した。サミットは23日まで。

 

 同サミットは国連教育科学文化機関(ユネスコ)が消滅の危機にあるとした国内8言語の状況改善につなげる目的で開催。関係者らが各地の現状や保存継承の取り組みなどを報告、議論する。

 

 2014年度から年1回ペースであり、奄美群島では16年度の与論大会以来、2回目。東日本大震災被災地の方言を知らせる目的で青森県八戸市からも参加した。

 

 大笠利わらぶぇ島唄クラブ(奄美市笠利町笠利)が「朝花節」でオープニングを飾った。今大会の山下茂一実行委員長の開会宣言に続き、主催者を代表して県文化スポーツ局の有木正悟局長と朝山毅奄美市長が「文化の発露である言語は継承していかなければならない」などとあいさつした。

 

 鹿児島純心女子短期大学の小川学夫名誉教授が「シマ唄とシマグチ(方言)」を演題に基調講演。「シマグチはシマ唄があったから残っている言葉が多い」と語った。

 

 小川氏は、シマ唄の一種で、同じ場にいる人たちが即興で歌い合う「掛け唄」を紹介。「名作を作ろうとしないので自然な言葉で歌う」「これまでつくられたシマ唄のパターンを学べる」など掛け唄の特徴を示し「シマグチを今後も残すため、掛け唄を復活させるべきだ」と提案した。

 

 聞き比べでは11地区の言語・方言が披露された。地区内訳は八戸市、東京都八丈島、喜界島、徳之島、沖永良部島、与論島、沖縄県那覇市、宮古島、竹富島、与那国島、北海道沙流郡。

 

 奄美島唄、沖縄民謡、北極海に面する地域に主に暮らす先住民族サーミの伝統音楽「ヨイク」の歌い手らが「ウタを通して伝わることば」をテーマに協議。「ヨイクはサーミのアイデンティティー形成に大切な手段」「方言でしか出せない響きがある」「島唄を入り口にし、方言も一緒に勉強して次世代につないでいきたい」などの意見があった。

 

 アイヌの踊り唄や八丈島の民謡「ショメ節」、ヨイク、沖縄民謡などの実演もあった。唄者の中村瑞希さんと前山真吾さんが、奄美大島北部などで歌われるカサン唄と南部などのヒギャ唄をそれぞれ披露した。

 

 23日は、奄美文化センターで午後1時に開会し、危機的な状況にある言語・方言の現況報告や奄美大島各地の方言の聞き比べなどがある。

 

 ユネスコは09年、世界で2500に上る言語が消滅の危機にあると発表した。危機状況は3段階に分類。国内の8言語と危機状況は次の通り。

 

 ▽極めて深刻 アイヌ語▽重大な危機 八重山語、与那国語▽危険 奄美語(奄美大島・喜界島・徳之島)、国頭語(沖永良部島・与論島・沖縄本島北部)、八丈語、沖縄語、宮古語