期日前投票 奄美は3千人減

 県選挙管理委員会は8日、14日投開票される衆院選の期日前投票の中間状況(選挙期日7日前の7日現在)を発表した。奄美群島を含む鹿児島2区では期日前投票が始まった3日から7日までの5日間の投票者数が8665人で、1日現在の選挙時選挙人名簿登録者数(在外含む)27万8279人に照らした期日前投票率は3・11%。2012年12月の衆院選の同期と比べて3662人(29・7%)もの大幅減となり、投票率でも1・28下がった。前回や今年4月の補欠選挙と選挙構図が大きく様変わりし、有権者の関心が全般的に低いことが要因とみられる。(鹿児島総局)