森田前副町長が出馬表明 新人同士の一騎打ちか 天城町長選

 

天城町長選への出馬を表明した森田弘光氏=21日、天城町平土野

天城町長選への出馬を表明した森田弘光氏=21日、天城町平土野

 前天城町副町長の森田弘光氏(67)が21日、同町内で会見し、任期満了(12月26日)に伴う天城町長選に出馬する意向を表明した。町長選には前町議会議員の柏木辰二氏(54)が今月2日に立候補を表明しており、新人同士の一騎打ちとなる公算が大きい。11月27日告示、12月2日投開票が行われる。

 

 3月の町議会定例会で大久幸助町長から後継指名を受けていた森田氏は、出馬の動機について「先頭に立って町民と力を合わせ、町民が望んでいる穏やかで安全安心な町、人々が生き生きと働き行き交う町の実現を目指すべく、立候補を決意した」と述べた。

 

 政策として①農業・水産業発展による経済活性化・所得向上②将来を託せる人材の教育③世界に誇れる文化・自然の継承―など6項目を掲げ、「行政経験42年間の経験と実績を生かすとともに、地域の声に真摯に耳を傾け、公平無私の心でまちづくりに粉骨砕身取り組んでいきたい」と意欲を見せた。

 

 森田氏は同町松原出身。明治大学政経学部卒。町総務課長などを歴任し、2011年1月から7年3カ月副町長を務めた。