決意新たに出初め式 知名町

操法訓練を披露する知名町消防団の団員=6日、知名漁港

操法訓練を披露する知名町消防団の団員=6日、知名漁港

  知名町消防団(永田広次団長、団員138人)は6日、同町知名の知名漁港で消防出初め式を行った。来賓や住民の前で消防操法や規律訓練などを披露し、町民の生命と財産を守る消防団としての決意を新たにした。

 

 永田団長は式典で「今年も地域防災の要として訓練にいそしみ、強い気持ちで災害に立ち向かっていく」とあいさつ。団員表彰や消防団による一斉放水などがあり、同町の認定こども園「きらきら園」の園児も規律訓練や踊りを披露して式典に花を添えた。

 

 知名町を除く奄美群島11市町村では今年、新型コロナウイルス感染予防のため、一般参加を含む消防出初め式を中止した。消防団員らに対する各種表彰伝達のみを行い、車両巡回や防災無線での広報啓発などにとどめることとした。

 (被表彰者は後日掲載)