法延長で意見集約 対象を拡大―奄振総合調査意見交換会

奄振総合調査について意見を交わす県職員と奄美の首長ら=26日、鹿児島市の県庁

奄振総合調査について意見を交わす県職員と奄美の首長ら=26日、鹿児島市の県庁

 2018年度末で期限が切れる奄美群島振興開発特別措置法(奄振法)の延長に向け、総合調査を行う県は26日、奄美12市町村の首長や地元選出の県議を集めた意見交換会を鹿児島市の県庁で開いた。18年夏を見込む奄美・沖縄の世界自然遺産登録で交流人口の増加が予想される中、地元住民から県外在住の出身者まで幅広い意見を集める必要性について認識を共有した。