町出身学生へ応援ギフト 和泊町

和泊町出身の学生に届ける応援物資「わらんちゃ応援ギフト」を持つ伊地知実利町長(左)ら=14日、同町

和泊町出身の学生に届ける応援物資「わらんちゃ応援ギフト」を持つ伊地知実利町長(左)ら=14日、同町

 和泊町は14日、同町出身で島外在住の学生への応援物資「わらんちゃ応援ギフト」の発送を開始した。新型コロナウイルスの影響でアルバイトなどの時間が減り、生活費の確保が困難となっている学生への支援が狙い。町内在住の保護者らが「いつまでもあなたの応援団だから安心して」「やまとぅにてぃ ちばりよ(本土でも頑張って)」などとしたためたメッセージカードも同封した。

 

 ギフトにはマンゴーや蜂蜜、キクラゲなど沖永良部島の特産品を詰め込んだ。対象は島内在住者の子どもで、島外の中学校、高校、大学、専門学校などに通う学生。申請のあった北海道から沖縄まで全国各地の男女146人に贈る。保護者の費用負担は無く、財源に新型コロナウイルス感染症対応地方創生臨時交付金を活用した。

 

 鹿児島本土の高校に通う長男(16)がいるという松瀬珠美さん(48)=同町和泊=は「息子は4歳から始めたレスリングの技を磨くため鹿児島で頑張っている。コロナの影響で、今年は夏休みの帰省も難しいかもしれない。島の特産品は友達と分け合って、味を楽しんでほしい」と話していた。