空き家バンク制度スタート―奄美市

 奄美市は9月、「空き家バンク制度」をスタートさせた。空き家の利用者に対しては、住宅購入やリフォームについても助成する。同市と公益社団法人鹿児島県宅地建物取引業協会が、空き家等の媒介に関する協定を締結。UIターンや定住促進の後押しとして期待されている。同市の空き家は約700戸。空き家バンク制度では▽移住定住促進住宅購入費助成金(地方創生先行型交付金、500万円)▽移住定住促進住宅リフォーム助成金(同)―を実施。いずれの助成金も上限100万円。