竹田氏、2期目へ出馬表明 龍郷町長選

2期目を目指し町長選への立候補を表明した竹田泰典氏=18日、龍郷町

2期目を目指し町長選への立候補を表明した竹田泰典氏=18日、龍郷町

 任期満了(11月9日)に伴う龍郷町長選挙で、現職の竹田泰典氏(69)が18日、2期目への立候補を表明した。同町長選への立候補表明は竹田氏が初めて。

 

 町議会の一般質問で進退を問われた竹田氏は「町民との対話を重視し、町の活性化に向けて誠心誠意取り組んでいく」と決意を述べ、「目配り・気配り・心配りを基本姿勢に、安全で暮らしやすく、にぎわいがあって真に龍郷らしいまちづくりに向けて取り組んできた。町民の機運も高まっている」と強調した。

 

 今後の重要事項として、奄美の世界自然遺産登録や次期奄美振興開発事業の再延長、新型コロナウイルスによる社会・経済の変化│など町を取り巻く環境を挙げ「まだ道半ばであり、引き続き町政を担うことが最大の責務」と述べた。

 

 竹田氏は同町瀬留出身。県立大島工業高校卒。1972年龍郷村役場入り。総務課長、産業振興課長などを経て2009年11月から13年11月まで副町長を務め、17年に龍郷町長に初当選した。