自民・野村氏が3選/参院選鹿児島選挙区

三選を果たした野村氏

三選を果たした野村氏

 第24回参議院議員選挙は10日、一部繰り上げを除き全国一斉に投票が行われた。即日開票の結果、4人が立候補した鹿児島選挙区(改選数1)は、自民党現職の野村哲郎氏(72)が連合鹿児島事務局長で無所属新人の下町和三氏(56)らに大差をつけて3選を果たした。安全保障関連法や環太平洋連携協定(TPP)の是非などを争点に、事実上の与野党対決の構図となった今回の選挙戦。野村氏は友好団体を中心とした盤石の組織力に加え、地方議員も活発に動いて地力の差を見せつけた。政治団体・幸福実現党新人の松澤力氏(34)、元会社員で無所属新人の坂田英明氏(45)も及ばなかった。