航路運賃軽減、予約始まる

 奄美群島振興交付金を活用して船運賃を割り引く群島航路運賃軽減事業が7月19日乗船分からスタートする。事業に先立ち19日、予約受け付けが始まった。制度を利用するためには航空運賃と同様、離島割引カードが必要だ。

 県交通政策課によると、事業の対象は奄美群島に住所があり、「鹿児島離島航空割引カード」を所持している人。カードは乗船券購入時、乗船手続き時に提示する。カードは市町村役場で作成できる。手数料は無料。有効期間は3年間。
 制度の対象区間は鹿児島~奄美群島、群島相互。割引額(大人1人1区間)は鹿児島~名瀬、亀徳が2400円。鹿児島~和泊、与論は3千円。各島間は600円。小児運賃は除くが、喜界町民は名瀬間に限って適用される。
 自動車航送運賃、燃料油価格変動調整金は対象外。問い合わせは市町村役場。