観光、飲食業に支援金給付 コロナ対策で一律10万円 大和村

伊集院村長(左)から支援金を受け取る、村内の事業者=18日、同村役場仮庁舎

伊集院村長(左)から支援金を受け取る、村内の事業者=18日、同村役場仮庁舎

 新型コロナウイルスの影響で売り上げが落ち込んだ観光・飲食業などへの大和村独自の支援金「観光宿泊等事業者事業継続支援金」の交付式が18日、村役場仮庁舎であった。村内事業所と、奄美市など村外で飲食業などの事業を営む村民ら約20事業者を対象に、一律10万円を支給する。交付式には2事業者が代表で出席し、支援金を受け取った。

 

 支援金は宿泊業、飲食業などに対して10万円を支給するほか、体験型観光プログラム「奄美シマ博覧会」にプログラムを提供した事業所に対して1プログラム当たり2万円、1事業所10万円を上限に支給する。

 

 交付式には宿泊業を代表してヒエン浜ゲストハウスの勝島保津江さん、観光業を代表してNPO法人TAMASU代表の中村修さんが出席。伊集院幼村長から支援金を受け取った。

 

 中村さんは「村からの支援に感謝。4月から宿泊事業者、体験事業者ともに収入が激減する一方、固定費などの支出はあり苦しい状況。これを乗り越え、今後も大和村で地域に密着した観光事業をやっていきたい。引き続きご支援を」と述べた。

 

 伊集院村長は「今後とも事業者の皆さんが事業を継続していけるよう、国へも要請し、村独自でも支援していければと考えている。今後ともよろしくお願いしたい」などと激励した。

 対象事業者には役場から申請書類と交付決定の通知を発送済み。18日午後3時から仮庁舎窓口で申請受け付けを行っている。