選挙戦へ動き本格化 新2区へ金子氏出馬意向

 次期衆院選の区割り改定案が示されたことを受け、選挙戦を巡る県内各党の動きが活発化しそうだ。鹿児島2区には自民現職の金子万寿夫氏(70)が出馬の意思を固めており、共産党も公認候補を立てる方向だ。医療法人「徳洲会」グループの公選法違反事件で議員辞職した元職の徳田毅氏(45)は態度を明らかにしていない。