離島向けの冷凍・保冷コンテナ引き渡し

離島航路フェリー事業者への引き渡し式後、参加者に披露された冷凍コンテナ=11日、鹿児島市城南町

離島航路フェリー事業者への引き渡し式後、参加者に披露された冷凍コンテナ=11日、鹿児島市城南町

 離島航路で使用される冷凍・保冷コンテナやバリアフリー対応型タラップなどを継続して提供している公益財団法人九州運輸振興センター(田中浩二会長、福岡市)は11日、鹿児島市で冷凍・保冷コンテナ11基を鹿児島―奄美―那覇など県内の離島航路フェリー事業者に引き渡した。2015年度奄美関係分は冷凍コンテナが鹿児島―奄美―那覇航路のマリックスライン、マルエーフェリー、鹿児島~喜界―知名航路の奄美海運に各3基、鹿児島―十島―名瀬航路の十島村に2基の計11基が贈られることになった。