飲食店などへ緊急支援金 商品券も1月末まで延長 天城町

クラスターで打撃を受けた商工業へ緊急支援策を行う天城町の担当者=21日、町役場

クラスターで打撃を受けた商工業へ緊急支援策を行う天城町の担当者=21日、町役場

 【徳之島総局】天城町は23日から、徳之島で発生した新型コロナウイルスのクラスター(感染者集団)で経済的打撃を受けた飲食店などを支援するため、第2弾となる町商工水産業等緊急支援金の申請を受け付ける。

 

 交付対象は町内で営業する飲食店(持ち帰り、配達印象サービス業は不可)とカラオケボックス店を経営する36事業者のうち、申請後も事業を継続する事業者。国の地方創生臨時交付金を活用し、一律15万円を支給する。町は対象となる36事業者へ22日に申請書を発送し、来年2月末まで申請を受け付ける。

 

 また、町が8月に発売した町商工業応援商品券「むーるしきばらーでぃ商品券」について、クラスターの影響などで約5700枚が未利用となっていることから、使用期限を12月末から来年1月末まで1カ月間延長する。町商工水産観光課は「クラスターで打撃を受けた商工業者へ少しでも支援ができれば」としている。