高齢者接種へ準備本格化 新型コロナワクチン 大和村

高齢者への新型コロナワクチン接種に関する書類を各世帯に届ける郵便局職員=2日、大和村大和浜

高齢者への新型コロナワクチン接種に関する書類を各世帯に届ける郵便局職員=2日、大和村大和浜

 65歳以上の高齢者への新型コロナウイルスワクチン接種が県内で最も早く行われる大和村で、準備が本格化している。施設入所者を除く村内586人に対する接種券や予診票など関係書類の発送を終え、2日中に各世帯へ届けられた。ワクチン接種は、特別養護老人ホーム・大和の園入所者約50人が対象の個別接種を皮切りに12日から始まり、集団接種は16日から18日まで、村体育館で行う。

 

 ワクチンは国の配分計画に基づき、県が高齢化率の高い大和村と高齢者人口が多い鹿児島市に先行してワクチン各1箱(975回分)を配分し、5日の週に届く見通し。

 

 同村保健福祉課によると、3月1日現在の村内の高齢者は640人で、高齢化率は42・43%。先進的な取り組みとして、個別接種と集団接種を併用して進める。個別接種の会場は大和の園と大和診療所。集団接種は16日午後から開始し、3日間で計約500人への接種を想定している。計画では集落ごとに実施日を設定し、送迎用のバスも運行する。

 

 同課の担当者は「2月末に行った意向調査では住民の約75%が接種を希望した。ワクチンを有効に使用するため、医療関係者の協力も得ながらスタッフ全員でしっかりと準備をしていきたい」とし、「接種当日は接種券と予診票がなければ接種できないため、忘れずに持ってきてほしい。また、接種券は2回目の接種時も必要になるので、大事に保管してほしい」と呼び掛けた。

 

 問い合わせは電話0997(57)2218大和村保健福祉課。