鹿児島2区、顔出そろうも情勢混沌/衆院選公示まで1週間

2区立候補予定者(右上から時計回りに)金子万寿夫氏、祝迫光治氏、林健二氏、齋藤佳代氏

2区立候補予定者(右上から時計回りに)金子万寿夫氏、祝迫光治氏、林健二氏、齋藤佳代氏

 解散に伴う第48回衆議院総選挙は10日の公示まで1週間となった。定数削減と区割り変更を伴う改正公選法が適用される初選挙。鹿児島県内の小選挙区は1減の4となる。奄美群島を含む2区には旧3区の薩摩半島南部域が加わる。立候補の意思を表明しているのは前職1、新人3の計4氏。顔ぶれが出そろい前哨戦に入っているが、保守分裂や、民進の新党希望の党合流の動きなどが絡み情勢は依然混沌(こんとん)としている。