3町用水路へ通水試験/徳之島ダム

運用が始まった徳之島ダム=天城町

運用が始まった徳之島ダム=天城町

 国営徳之島用水土地改良事業は2015年度、試験湛水(たんすい)を終えた徳之島ダム(有効貯水量730万㌧)の運用が始まった。ダム周辺の基幹水利施設の送水路を皮切りに、島内3町の用水路で19日から、通水試験を実施する。各ほ場に配水する県営事業の支線水路でも並行して通水試験を進め、安全性が確認されれば、16年3月にも一部のほ場でかんがい用水の利用が可能になる。