7施設へ補助金 コロナ対策で計450万円 天城町

交付式で森田町長(右)から目録を受け取る中原施設長=22日、天城町役場

交付式で森田町長(右)から目録を受け取る中原施設長=22日、天城町役場

 天城町は22日、町内の介護関連7施設へ新型コロナウイルス対策の補助金計約450万円を交付した。同日、天城町役場であった交付式には施設を代表して特別養護老人ホーム天寿園(利用者50人)=同町松原=の中原博幸施設長が出席。森田弘光町長から目録を受け取った。

 

 交付式で森田町長は「コロナから高齢者を守るため苦労されている施設の人たちの一助になれば」とあいさつ。中原施設長は「マスク不足時の影響などで例年にないほど経費が増大しているので支援はありがたい。今後も感染対策を徹底したい」と感謝を述べた。

 

 補助金は3月定例議会で可決した「新型コロナウイルス感染症介護施設等支援事業」によるもので、同事業での交付は今回が初。コロナ禍で中止となったイベントや職員出張の経費のほか、町長、教育長、議員の報酬の一部を積み立てた基金から贈られた。消毒液やマスクなど感染防止対策に要する資材や設備などに充てる。