大和村、全集落に活動助成金 コロナ影響勘案、各万円

伊集院村長(左)から助成金を受け取る村区長会の中井会長=2日、大和村防災センター

伊集院村長(左)から助成金を受け取る村区長会の中井会長=2日、大和村防災センター

 大和村は2日、村内の全11集落を対象に新型コロナウイルス感染症対策集落助成金を交付した。村防災センターで交付式があり、伊集院幼村長が集落の代表に助成金を手渡した。

 

 新型コロナの感染防止で今年、村内各集落で毎年実施されている豊年祭が中止になった。豊年祭で得られる寄付金は各集落の活動費の貴重な財源となっており、村は活動費用を補う目的で助成金の交付を決めた。

 

 助成金は総額310万円。10集落に30万円ずつ、規模の小さい1集落に10万円をそれぞれ交付した。

 

 伊集院村長は「豊年祭だけでなくいろんな行事が中止となり残念。要望もあり、議会の同意を得て助成を決めた。コロナ対策も含め、地域が元気になるような活動に使ってほしい」と話した。

 

 代表して助成金を受け取った村区長会の中井良二会長(65)=大和浜集落区長=は「とてもありがたいこと。集落に伝わる伝統文化の継承活動などに役立てたい」と感謝した。