「めぐるちゃん」公認-自治労ゆるキャラ

「めぐるちゃん」の着ぐるみと写真に納まる作者の里村さん(右)と自治労の杣谷副委員長

「めぐるちゃん」の着ぐるみと写真に納まる作者の里村さん(右)と自治労の杣谷副委員長

 自治労公営企業評議会公認のキャラクターに奄美市職員労働組合の里村正力さん(38)のデザイン「めぐるちゃん」が選ばれ、11日、市内で表彰式があった。自治労の「水週間」(8月1~7日)をはじめ健全な水循環の大切さを訴える運動に活用される。
 キャラクターは第30回の節目を迎える今年の水週間へ向けて募集。全国から一般の作品を含めて25点が寄せられた。里村さんは奄美市環境対策課に在籍。奄美市公認のキャラクター「コクトくん」も手掛けた。
 めぐるちゃんは水玉模様で水色が基調。国民生活やさまざまな生物の命を支える水が山から川、海へと元気よくかけ巡るイメージをデザインしたという。表彰式で、自治労の杣谷尚彦副中央委員長は「水の大切さを確認する全国各地のイベントでの活躍に期待したい」とあいさつした。
 今年の水週間初日は水循環基本法の施行日と施行にちなんだ「水の日」と重なる。それらを踏まえて自治労は8月1日、横浜で大イベントを開く。