「健康は身近にある」 自宅でできるトレーニング学ぶ シルバー元気塾in奄美

約200人が参加し、初開催されたシルバー元気塾特別講座in奄美=15日、奄美市名瀬総合体育館

約200人が参加し、初開催されたシルバー元気塾特別講座in奄美=15日、奄美市名瀬総合体育館

 60歳以上を対象とした「第1回シルバー元気塾in奄美」(奄美市など主催)が15日、鹿児島県奄美市名瀬総合体育館であった。同市、瀬戸内町から約200人が参加。瀬戸内町出身で(有)トレーニングセンターサンプレイ(東京都)会長の宮畑豊さん(77)を講師に、健康維持を目的とした自宅でもできる体操や筋力トレーニングを学んだ。

 

 宮畑さんは瀬戸内町加計呂麻島(かけろまじま)芝出身。多くのプロスポーツ選手のトレーニング指導を行っているほか、高齢者を対象とした講座が好評を博し、全国各地で高齢者向けの講座を開いている。

 

 講座では初めに、ラジオ体操指導士岡山嗣夫さんによる「ラジオ体操」で体を温めた後、同社の中村定雄トレーナーの指導で、「世界の国からこんにちは」「島人ぬ宝」に合わせた運動を楽しんだ。

 

 後半は宮畑さんが自身の考案した運動プログラムを紹介。いすに座ったままできる運動やペットボトルを使った筋力トレーニング、膝や腰が痛い人でもできるスクワット法などを教えた。

 

 宮畑さんは「健康は身近にあり、自分がやるかやらないかで変わってくる。一つでも覚えて家で続けてほしい」と呼び掛けた。

 

 参加した鵜木千代子さん(87)=奄美市=は「すごく元気をもらった。座ってできる運動なので家でも続け、100歳を目指したい」と満足していた。

手本を示しながらトレーニング方法を指導した宮畑さん(後方)と中村トレーナー=15日、奄美市名瀬総合体育館

手本を示しながらトレーニング方法を指導した宮畑さん(後方)と中村トレーナー=15日、奄美市名瀬総合体育館