「共謀罪」法成立、奄美でも抗議集会

シュプレヒコールで採決強行に抗議する参加者=15日、奄美市名瀬

シュプレヒコールで採決強行に抗議する参加者=15日、奄美市名瀬

  「共謀罪」の趣旨を盛り込んだ「テロ等準備罪」の新設を含む改正組織犯罪処罰法が国会で成立した15日、「奄美・憲法9条の会ネットワーク」(星村博文代表)は採決強行に抗議する緊急集会を奄美市名瀬の中心商店街で開いた。参加者らはリレートークで「監視社会が横行する」と同法の危険性を指摘。委員会採決を省略する「中間報告」を強行した安倍政権の姿勢を批判し、シュプレヒコールで同法の廃止への取り組みを確認した。