「奄美の相撲読本」が完成

「奄美の相撲読本」を刊行した奄美島おこしプロジェクトのメンバー=22日、奄美市名瀬

「奄美の相撲読本」を刊行した奄美島おこしプロジェクトのメンバー=22日、奄美市名瀬

 奄美の集落行事で欠かせない相撲の歴史や魅力を伝える「奄美の相撲読本―日本一土俵の多い島奄美」がこのほど刊行された。制作したNPO法人奄美島おこしプロジェクトの伊波興一郎理事長は22日、奄美市名瀬の大島支庁記者クラブで会見した。冊子はB5判、76ページ。4章立てで、前半は奄美の相撲について、沖縄や県本土との違いや歴史を解説している。