「寄り合い処」移転オープン/住民憩いの場に、瀬戸内町

式典で施設のオープンを祝う関係者=2日、瀬戸内町古仁屋

式典で施設のオープンを祝う関係者=2日、瀬戸内町古仁屋

 瀬戸内町古仁屋の中心商店街で2日、町が運営する交流施設「寄り合い処(どころ)せとうち」がオープンした。3月に開所するサービス付き高齢者向け住宅の1階部分を借用。町民憩いの場や観光案内所、街中図書館など幅広く活用する。関係者が記念式典を開き、施設を拠点とした地域活性化に期待した。

 交流施設は昨年3月まで近くの空き店舗跡で運営していたが、高齢者向け住宅の開所に合わせて利便性の高い現地に移転した。延べ床面積は45平方㍍。年中無休。午前8時半から午後5時まで開場する。