「対馬丸」生存者、宇検村訪問

(右から)対馬丸生存者の救助活動を行った大島さんと生存者の平良さん。当時の出来事を語りあった=27日、宇検村宇検

(右から)対馬丸生存者の救助活動を行った大島さんと生存者の平良さん。当時の出来事を語りあった=27日、宇検村宇検

  1944(昭和19)年8月に米軍潜水艦の魚雷攻撃で沈没した学童疎開船「対馬丸」の生存者の一人、平良啓子さん(81)=沖縄県大宜味村=が27日、宇検村を訪れた。宇検集落や枝手久島に漂着した生存者を救助した大島安徳さん(88)と面会し、当時の様子を語り合った。2人は来年度、船越海岸に対馬丸慰霊碑が建立されることを喜び、再会を約束した。