「島人魂を忘れない」 熊本地震1年・益田さん

「いつか奄美に営業所を出したい」と話す益田勇一さん(右)となおみさん=12日、熊本市南区

「いつか奄美に営業所を出したい」と話す益田勇一さん(右)となおみさん=12日、熊本市南区

 熊本地震の被災地で夢を追う男性がいる。奄美市名瀬出身の益田勇一さん(40)。縁もゆかりもなかった土地で会社を成功させようと奮闘してきた。地震から1年。自身の挑戦に重ね、言葉で奮い立たせる。「島人(しまんちゅ)魂を忘れない」「熊本一の店に育て、いずれは奄美に営業所を出したい」と気持ちを新たにしている。