「次は奄美の番」/やんばる国立公園化

   「奄美・琉球」の世界自然遺産登録に向けた動きが進む中、環境省が沖縄本島北部(やんばる地域)の国立公園指定を決定し、奄美の関係者から「自然遺産登録へ大きな弾み」と喜ぶ声や「次は奄美の番」などの期待が聞かれる。国が最短で目指す2018年の自然遺産登録の実現に向け、環境省は「地元と連携し、奄美大島と徳之島の国立公園の早期指定にこぎ着けたい」としている。