「生物多様性守り活用が大切」早稲田大池田教授が講演

奄美パーク文化講演会で生物多様性を守り活用した地域活性化を提案した池田教授=1日、奄美市笠利町

奄美パーク文化講演会で生物多様性を守り活用した地域活性化を提案した池田教授=1日、奄美市笠利町

 県奄美パークの文化講演会が1日、奄美市笠利町の同施設であり、生物学者の池田清彦早稲田大学国際教養学部教授が「生物多様性と奄美・琉球の世界自然遺産登録へ向けて」の題で講演した。池田教授は生物多様性の保全について「生態系と人間の共生が重要」と述べ、「世界的に貴重な生物多様性を資源として守り利活用して地域の発展につなげてほしい」と提案した。