「第3線刻画」見つかる/天城町指定文化財

新たに見つかった「第3線刻画」の現地説明会=5日、天城町

新たに見つかった「第3線刻画」の現地説明会=5日、天城町

 天城町秋利神川上流にある町指定文化財「戸森の線刻画」遺跡で4日、天城町教育委員会の現地説明会があった。2012~15年度の発掘調査で、土中に埋まっていた岩盤に船や弓が描かれた「第3線刻画」が見つかったことが明らかになった。町教委の具志堅亮学芸員(32)は「線刻画の年代を明らかする可能性が生まれたことは重要」と述べ、今後の調査の進展による年代特定と県文化財への指定に期待を示した。