「経験ない揺れ」震え上がる出身者ら

地震の揺れで家具が倒れ、食器類が散乱する屋田さんのマンションの一室=14日午後10時ごろ、熊本市(提供写真)

地震の揺れで家具が倒れ、食器類が散乱する屋田さんのマンションの一室=14日午後10時ごろ、熊本市(提供写真)

 「経験したことのない揺れ」「家の中はめちゃくちゃ」―。熊本県で14日夜に発生した最大震度7の大地震は、同県内在住の奄美出身者らを恐怖で震え上がらせた。不安な一夜を過ごし、15日になっても激しい余震が続いている。電気や水道、交通機関などライフラインの復旧も遅れており、困難な生活を強いられている。