「自然、文化の魅力感じて」 観光協会がPV制作 与論島

ヨロン島観光協会が制作したヨロン島PV「ヨロンブルー」(提供写真)

ヨロン島観光協会が制作したヨロン島PV「ヨロンブルー」(提供写真)

【沖永良部総局】

 ヨロン島観光協会(永井新孝会長)はこのほど、与論島の自然景観などを撮影した観光プロモーション映像(PV)を制作した。動画配信サイトYouTubeで視聴できる。同協会の町岡安博事務局長は「旅人目線で与論観光を疑似体験できるような映像にした。与論の海の青さ、自然と文化の魅力を感じてほしい」と話している。

 

 タイトルはヨロン島PV「Yoron Blue(ヨロンブルー)」。主演はヨロン島特命大使でタレントの内木志(ないき こころ)さん。映像では内木さんが大金久海岸の沖合約1・5㌔に干潮時だけ出現する「百合ヶ浜」や東区の与論民俗村などで自然や文化に親しむ様子を紹介している。

 

 挿入歌「Yoron Blue」(作詞・作曲 狩集浩志)は、地元の音楽バンドK・Bandが演奏。町岡事務局長は「ミュージックビデオとしても楽しんでほしい」と期待を寄せた。

 PVは各地の観光PRイベントなどで活用する。カラー、6分50秒。