「逃げる」ための防災教育を

奄美での津波避難の在り方などを考えた鹿大と奄美市教委の連携シンポジウム=8日、奄美文化センター

奄美での津波避難の在り方などを考えた鹿大と奄美市教委の連携シンポジウム=8日、奄美文化センター

 鹿児島大学と奄美市教育委員会の連携シンポジウム「奄美での津波避難を考える~最先端の防災科学と学校での防災教育」が8日、同市名瀬の奄美文化センターであった。同大学の教授ら専門家4人が講演し、「津波の想定をうのみにせず、判断に迷ったらまずは逃げることが大事」、「自助が避難行動の基本。『逃げる発想』を養う防災教育が求められる」などと述べ、避難訓練への市民の積極的な参加や災害情報の正しい理解による防災・減災意識の高揚を呼び掛けた。