えらぶクレヨンでバッグの絵付け 知名町立図書館

 知名町立図書館ワークショップ「えらぶ色クレヨンDE図書館バッグを作ろう!」は21日、町中央公民館ホールであった。3回に分けた講座に、未就学児~小学生とその保護者計30人が参加し、バッグへの絵付けを楽しんだ。

 

えらぶ色クレヨンを使ってバッグの絵付けを体験する子どもたち=21日、知名町

えらぶ色クレヨンを使ってバッグの絵付けを体験する子どもたち=21日、知名町

 えらぶ色クレヨンは、バレイショや赤土、コーヒーなど、沖永良部島の農作物や天然素材を生かしたクレヨンで、えらぶ色クレヨンプロジェクトが作っている。この日はプロジェクト代表の宮澤夕加里さんとメンバーの福川真理子さんが講師を務めた。

 

 初めに宮澤さんは、えらぶ色クレヨンがどうやって作られているのか、各色をつくり出している天然素材は何かなどクイズを出題。参加者はクレヨンの匂いをかいだり、紙に試し書きしたりして答えを確かめていた。

 

 バッグに描く絵のテーマは自由。参加者は8色のえらぶ色クレヨンを使って、好きなアニメのキャラクターなどを描いていた。姉妹で参加した奥山光結さん(10)=住吉小4年、愛加さん(8)=同2年=は山や海の動植物を描いた。光結さんは「クレヨンが硬いと思ったけど、うまく描けた」、愛加さんは「クレヨンの材料を初めて知った」と話していた。