きょうから大型連休 群島で、イベントめじろ押し

  改元に伴い、最大10連休となる2019年の大型連休(ゴールデンウイーク・GW)が27日に始まる。奄美群島でも期間中、家族で楽しめるイベントがめじろ押し。行楽地はにぎわいそうだ。

 

 海水浴シーズンが幕開けし、期間中は喜界、伊仙、天城、徳之島の4町で海開き行事がある。徳之島のGW呼び物・闘牛大会は28日に開幕。2日に軽量級優勝旗争奪戦、3日に全島中量級、4日に全国闘牛サミット記念日本一決定戦、ミニ軽量級と続く。

 

 与論町では観光客にも人気のある銀座通り感謝祭を3~4日に実施。こどもの日の5日は奄美市の奄美少年自然の家で「こどもの日フェスタ」、奄美パークで「わらべシマ唄大会」も開かれる。

 

 鹿児島地方気象台が26日に発表した奄美地方の週間天気予報(27~3日)によると、期間の始めと終わりは高気圧に覆われて晴れる日がある。中頃は雨が降る見込み。海上は期間の前半に波の高い所があるという。