しまバス車体に地域応援ポスター

乗降口近くに応援ポスターをラッピングしたバス車両=30日、奄美市名瀬

乗降口近くに応援ポスターをラッピングしたバス車両=30日、奄美市名瀬

   観光業など新型コロナウイルスの影響を受ける奄美大島の人々を元気付けようと、バス会社「しまバス」(本社・奄美市名瀬、岩崎勇登代表取締役社長)は、一般公募した応援ポスター3点をバス車両2台にラッピングした。いずれも島外からの応募作品で、「一致団結」「わたしたちはひとりじゃないよ」などのメッセージが添えられた。デザイン車両は10月1日から来年3月末まで、空港線や名瀬市街地一円を走る予定。

 

 5月のラッピング企画に続く第2弾。題して「バスでコロナを吹っ飛バス」。

 

 前回は社内でデザインやメッセージを考案したが、今回はホームページなどを通じて公募した。寄せられた5点から、鹿児島市のH・Aさんと祷爽太さん、沖縄県浦添市のKAIKAIさんの作品を選んだ。

 

 このうち祷さんのポスターは、バスのイラストと鮮やかな色使いが目を引く作品。「コロナに負けるな」「笑えるあまみへいこうよ」などのメッセージを添えた。

 

 勝村克彦社長代理は「先が見えない中、観光業をはじめ多くの産業が頑張っている。少しでも元気付けられたらという思いとともに、皆さんの姿を発信することで、全国の人々が奄美に行こうと思うきっかけになれば」と話した。