み霊慰め、不戦を誓う 知名町で平和の塔献花祭

平和の塔へ献花する参列者ら=13日、知名町

平和の塔へ献花する参列者ら=13日、知名町

 知名町の2020年度平和の塔献花祭が13日、大山野営場であった。町遺族会会員や町内の各団体代表ら約50人が参列。戦争で犠牲となった504柱のみ霊を慰め、不戦の誓いを新たにした。

 

 平和の塔は1992年に建立され、周囲の石碑には集落ごとの犠牲者の名前が刻まれている。今年の献花祭は、新型コロナウイルス感染防止対策のため一般には呼び掛けず、規模を縮小して開催した。

 

 参列者全員で黙とうをささげた後、今井力夫町長が式辞。「私たちはみ霊の心を胸に刻み、世界中で戦争のない社会をどう築いていくかということを真剣に考え、行動していかなければならない」と述べた。

 

 遺族会の村上清会長は「悲惨な戦争を二度と繰り返してはならない。私たち遺族が率先して語り継いでいかなければならないという決意をみ霊の御前で新たにした」と追悼の言葉を述べた。

 

 児童代表で住吉小6年の川上海音さん(11)は作文を朗読。修学旅行や新聞記事を通して、戦争の記憶が今も人々の心に残っていることを知り驚いたとし、「戦争のない平和な世の中の実現のために何ができるのか、考え続けられる人になりたい」と力強く語った。

 

 参列者全員が献花した後、石碑に刻まれた戦没者の名前を確認するなどしていた。