やせいのいきもの絵画展 野生生物保護センターで展示

「やせいのいきもの絵画展」入賞者たち=13日、奄美野生生物保護センター

「やせいのいきもの絵画展」入賞者たち=13日、奄美野生生物保護センター

 環境省奄美野生生物保護センターと奄美自然体験活動推進協議会主催の「第15回やせいのいきもの絵画展」が13日、大和村の同センターで始まった。初日は表彰式があり、いきもの大賞に輝いた松山佳真君(朝日小3年)と松山航大君(同5年)の兄弟ら入賞者12人に賞状が手渡された。全応募作品は来年2月1日まで展示される。絵画展は同センターが開設された2000年から毎年開催している。今年のテーマは「奄美の生きもののフシギなすがた・かたち」。群島内の小中学校17校から228点の応募があった。