アサギマダラ調査で龍郷小に環境大臣賞

★龍郷小環境大臣賞(提供写真) 季節に合わせ日本列島を長距離移動することで知られるチョウ「アサギマダラ」の調査や保護活動を続けている龍郷町立龍郷小学校(橋口俊崇校長、児童24人)がこのほど、2017年度野生生物保護功労者表彰の環境大臣賞に選ばれた。橋口校長が7日、龍郷町役場を訪れ徳田康光町長に報告した。

捕獲場所や日付などをマークしたアサギマダラを放す児童たち(提供写真)=上=と環境大臣賞の受賞報告をした龍郷小の橋口校長(写真中央)=7日、龍郷町役場

捕獲場所や日付などをマークしたアサギマダラを放す児童たち(提供写真)=上=と環境大臣賞の受賞報告をした龍郷小の橋口校長(写真中央)=7日、龍郷町役場