ウニ漁、ルール守って

シラヒゲウニ漁解禁を前に行われた沿岸パトロール=16日、奄美市名瀬(名瀬漁協提供)

シラヒゲウニ漁解禁を前に行われた沿岸パトロール=16日、奄美市名瀬(名瀬漁協提供)

 7月1日のシラヒゲウニ漁解禁を前に、奄美市名瀬の漁業者らで組織する名瀬地区漁業集落(徳永正士代表、47世帯)は16日、奄美海上保安部と合同で沿岸パトロールを行った。禁漁期間にも関わらず、ウニを採る人の姿が見られたことから、関係者はルールの順守を呼び掛けるとともに、密漁者に対しては今後、法的措置も視野に厳しく対応していく方針だ。