エコバッグを全世帯配布 和泊町

町内全世帯に配布するエコバッグ=26日、和泊町役場

町内全世帯に配布するエコバッグ=26日、和泊町役場

和泊町は7月1日からのレジ袋有料化に伴い、町内全世帯にエコバッグの大、小2種類を配布する。役場町民支援課の玉野憲治課長は「エコバッグの利用はごみの減量化にもつながる。有効に使ってほしい」と話している。

 

 町は第6次総合振興計画(2020年度から10年間)に基づき、SDGs(持続可能な開発目標)の概念を取り入れた町民3大運動を推進しており、「エコバッグ持参の徹底」もその一環。事業費の200万円は国の新型コロナウイルス感染症対応地方創生臨時交付金事業を活用し、今後の転入世帯への配布分も想定して大、小3100個ずつ用意した。

 

 レジカゴに合わせた大サイズは内部の温度を保つアルミ蒸着フィルム張り。小サイズはコロナ禍のテークアウト用でまちが広く、弁当が持ち運びしやすい。

 

 大サイズは25日の区長会で各字区長に託した。小サイズは12月の区長会で配布する予定。問い合わせは0997(84)3516同課へ。