カヌー乗り場に浮桟橋/マングローブパーク

マングローブパークに新設されたカヌー乗降用フロート(浮桟橋)=29日、奄美市住用町

マングローブパークに新設されたカヌー乗降用フロート(浮桟橋)=29日、奄美市住用町

 奄美市は29日までに、「黒潮の森 マングローブパーク」(同市住用町)のカヌー乗り場に、乗降用フロート(浮桟橋)を新設した。カヌーの側まで車いすで近づけるようスロープを設け、高齢者や障がい者も安心してカヌーへ乗り降りできる。関係者らは「世界自然遺産登録などで観光客の増加が見込まれる。幅広い年代や体の不自由な人の受け入れも不可欠」と話し、バリアフリー化による安全性の向上などを強調した。