キビ、紬、焼酎~現地で体感/丸の内朝大学が奄美研修

黒糖焼酎の蔵元を訪問し、地域特有の産業などについても理解を深める参加者=11日、喜界町

黒糖焼酎の蔵元を訪問し、地域特有の産業などについても理解を深める参加者=11日、喜界町

 東京都心のオフィス街で出勤前に学びの場を提供する市民大学「丸の内朝大学」の受講生代表らが9~11日の3日間、奄美大島と喜界島で研修旅行を行った。46人が奄美大島入りし、八月踊りや大島紬の機織りなどを体験。喜界島では16人がサトウキビ収穫を体験したほか、黒糖焼酎の製造工程を見学。奄美の文化や自然環境、地域に受け継がれる産業に触れた。