ギフトカード販売で「コロナに負けるな!」事業所支援

おきのえらぶ島観光協会が展開する「コロナに負けるな企画 未来の私に島旅を。」に登録する宿泊施設の関係者=12日、和泊町

おきのえらぶ島観光協会が展開する「コロナに負けるな企画 未来の私に島旅を。」に登録する宿泊施設の関係者=12日、和泊町

 おきのえらぶ島観光協会が、インターネット上のショップを活用し、島内の事業所を支援する「コロナに負けるな企画 未来の私に島旅を。」を展開している。企画に登録した事業所で使えるギフトカードを同協会が販売し、その売り上げを各事業所へ届ける仕組み。事業所からは「島外からの応援の気持ちが伝わり励みになる」「売り上げが低迷する中での入金は資金繰りの面で助かる」などと好評だ。

 

 新型コロナウイルス感染拡大の影響を受ける事業所支援の一環。企画は8日に始まり、宿泊、アクティビティ、飲食の3部門で展開する。ギフトカードは事業所別に販売する。12日までに宿泊施設12事業所、観光案内などアクティビティ部門6事業所、飲食店13事業所が登録し、41件26万3千円分のギフトカード購入の申し込みがあった。

 

 同協会は12日、申し込み第1号となるギフトカード購入分の現金を、同町の観光ホテル東&コチンダホテル(町田実彰支配人)へ届けた。町田支配人(43)は入金に感謝し、「ギフトカードの取り組みを、新型コロナ感染拡大が終息した後の経営にもつなげたい」と語った。

 

 同協会の古村英次郎事務局長(42)は「沖永良部を元気づけ、島内の事業所を守るために考えた企画。島内外に発信していく」と力を込めた。