クロウサギ輪禍防止キャンペーン始まる

アマミノクロウサギなどの交通事故防止を呼び掛けるポスター

アマミノクロウサギなどの交通事故防止を呼び掛けるポスター

 国の特別天然記念物アマミノクロウサギの交通事故防止キャンペーンが1日、生息地の奄美大島と徳之島で始まった。環境省の奄美、徳之島両自然保護官事務所が主催。「夜道の運転には注意し、林道や農道は徐行してほしい」と呼び掛けている。キャンペーンは毎年、繁殖期を迎えて活動が活発になる秋に実施している。両島や国、県の行政関係機関で構成する奄美群島希少野生生物保護対策協議会、奄美自然体験活動推進協議会が共催。10月31日まで。