グスク時代初期の遺構確認 伊仙町前当り遺跡

グスク時代初期の水田跡などの遺構が確認された前当り遺跡=24日、伊仙町面縄 (下)土坑墓から出土した全長約30㌢の鉄刀

グスク時代初期の水田跡などの遺構が確認された前当り遺跡=24日、伊仙町面縄
(下)土坑墓から出土した全長約30㌢の鉄刀

 伊仙町教育委員会は24日、同町面縄の「前当り遺跡」の発掘調査で、グスク時代
初期(11世紀後半―12世紀前半ごろ)の集落跡や水田跡とみられる遺構を確認し
たと発表した。遺跡は国指定史跡「徳之島カムィヤキ陶器窯跡」から約3㌔南の高台
に位置し、同教委は「ここに大規模な集落が存在していたことは、カムィヤキ創業時
の徳之島の歴史と文化を知る上で大きな価値がある」と述べた。今後は年代を測定す
る土壌分析などの調査を進める。伊仙町前当り遺跡・鉄刀