コロナに負けじと島唄発信 前田さん呼び掛け。唄者ら呼応

SNSでうたつなぎへの参加を呼び掛ける前田さん

SNSでうたつなぎへの参加を呼び掛ける前田さん

 新型コロナウイルスの影響で演奏の機会を失った奄美島唄の唄者、ミュージシャンたちが、コロナに負けじとSNS(会員制交流サイト)を利用して歌声を発信し始めた。呼び掛け人で沖永良部島在住の唄者、前田博美さん(30)は「自粛ムードの中、少しでも楽しんでもらえたら」と笑顔を見せた。

 

 「ミュージシャンがリレー形式で歌をつないでいく『うたつなぎ』を展開しているのを知り、自分でもやってみようと思った」と経緯を説明する前田さん。沖永良部民謡の「いちきゃ節」を歌う動画をSNSに投稿し、12日から知り合いの唄者やミュージシャンに参加を呼び掛けた。

 

 前田さんから誘われた唄者の前山真吾さん、牧岡奈美さんからも賛同の輪が広がり、里アンナさん、平田まりなさん、サーモン&ガーリックの新元一文さんなど、さまざまな唄者やアーティストが参加。沖縄民謡の面々も加わるなど日々勢いを増している。

 

 演奏の舞台も中止になるなど新型コロナの影響は自身にも及んでいるが「直接会ったことのない人の歌も聴けるのでSNSを開くのが毎日楽しみ」と話す前田さん。「目標はリレー100人達成。こんな状況だが奄美の音楽に興味を持ってもらうきっかけになればうれしい」と思いを込めた。

 前田さんの演奏動画はURL(https://twitter.com/maeda_hiromi34/status/1248926570518986753?s=20)で視聴できる。