サガリバナ満開 はかなさと美しさで魅了 名瀬・屋仁川

屋仁川のサガリバナ満開 奄美市名瀬の繁華街・屋仁川通りでサガリバナが見頃を迎えた=写真。繊細な造りと芳香が特徴の花々が鈴なりに咲いて街行く人の目を楽しませている。開花シーズンは例年10月末ごろまで続く。

 

 サガリバナは夕方に開花し、翌朝には散ってしまう。一夜限りのはかなさと美しさで人々を魅了する。屋仁川のサガリバナは、2013年に有志が集い旧奄美市水道課施設前の歩道沿いに植栽したもの。今年は施設の取り壊しで一部の株が移植されたが、残った株が例年通りに花を咲かせている。

 

 水やりなどサガリバナの面倒を見ている70代男性は「今年は6月末くらいから開花した。写真を撮る人も年々増えてきている」と笑顔を見せ「今年は花の数が多くにぎやか。新型コロナで散々なわれわれ人間をなぐさめてくれているのかも」と話した。